売る時のキーポイント|不動産会社の選び方|売却は戦略が鍵を握る
男性と女性

不動産会社の選び方|売却は戦略が鍵を握る

売る時のキーポイント

集合住宅

分譲マンションの売り方には、業者が買ってくれる買取方式と、業者が探した購入希望者に買ってもらう仲介方式の2パターンがあります。個人間で直接売ることもできますが、後日トラブルになる場合もありますから、できれば不動産業者を通した方が安心です。従いまして豊中市でお持ちの分譲マンションを売る時も、どちらかの方式を選んでマンション売却を行うことが通例です。そして仲介方式では購入希望者が買う意思を決定しますので、豊中市のマンションを内覧してもらう時が絶好のアピールチャンスになります。そこで内覧当日は室内を十分に換気しておき、ご家庭固有の香りを抑えておきましょう。室内の香りは住んでいる人には気付きにくいですが、来訪者は敏感に感じ取ります。室内を片付けることはマンション売却の内覧では大前提ですが、購入希望者を迎え入れる時は、目で見えない空気もキレイにしておきたいところです。

分譲マンションを売られる場合、把握している不具合箇所などを積極的に買う側へ伝える必要があります。一見不利にも感じる行為ですが、マンション売却では瑕疵担保責任が避けられませんので、全て話しておいた方が後々のためになります。瑕疵担保責任とは聞き慣れない言葉かも知れませんが、これは売った物件に不具合個所や破損個所などが隠れていますと、売った側の責任で修理したりすることです。マンション売却ではこのルールがあるため、不具合箇所を故意に伏せておくことは得策になりません。不具合箇所も含め、納得した上で買ってもらうことが一番ですから、豊中市で分譲マンションを売られる時でも、包み隠さず伝えることがポイントです。また、不動産業者によりましては瑕疵担保責任保証など、万一の時に安心できるサービスを準備していることがあります。豊中市でマンションを売る時は、その点をチェックして業者を選んでも良いでしょう。