住みたい街として人気の街|不動産会社の選び方|売却は戦略が鍵を握る
男性と女性

不動産会社の選び方|売却は戦略が鍵を握る

住みたい街として人気の街

説明

同じ市でもエリアで違う

横浜市は東京のベッドタウンとして多くの人の住む政令指定都市です。みなとみらいエリアのイメージもあり、住みたい街ランキングでは常に上位に位置している、人気のエリアです。しかし、横浜市は新興住宅地もあれば、古くからの下町エリアもあり、区によって地域の様子は大きく異なります。そのためアパートやマンションの家賃も大きく異なります。不動産のサイトを見ると、東京都により近い横浜市の北部は家賃がどうしても高くなっています。下町エリアのマンションでも一人暮らしのワンルームマンションで家賃は最低でも6万円はかかります。家賃が6万円を下回るマンションもありますが、不便な場所であったり、古い物件である場合が殆どです。しかし、街の不動産屋さんに出向いて探せば、掘り出し物のような物件に出会えることもあるため、根気よく探すことです。

各エリアの特徴

横浜市の各エリアの特徴について触れます。鶴見区、港北区は都心に近いため人気があり家賃相場は高めです。都筑区、青葉区エリアは新興住宅地として人気が高く子供が小さいファミリー層の比率が高いエリアです。西区、中区エリアは繁華街やオフィスが集中していることもあり家賃相場は高めです。特に桜木町のタワーマンションや山手は富裕層の人が多く住むこともあり、家賃相場はかなり高いと言えます。磯子区、南区エリアは下町エリアです。家賃も安く古くからの商店も多いです。旭区に瀬谷区、保土ヶ谷の相模鉄道線エリアも同様に下町エリアで家賃相場もあまり高くありません。戸塚区や栄区は都心から離れているため、家賃相場は高くありません。また横浜でも自然の多いエリアです。横浜市はエリアにより地域の雰囲気や住民の年齢層は変わります。横浜への引っ越しを考える人は街の不動産屋さんに気になることは遠慮なく質問し、引っ越しを考えるエリアに実際に足を運んで地域の様子を確認しましょう。時間があれば、昼だけでなく、夜や朝の様子も確認しましょう。時間帯によって街の様子が違うこともあります。これは不動産のサイトを見るだけでは分からないことです。